Profile of Coccinelle

Concept


HOME > Profile

HOME > Profile

674.JPG


Coccinelle (コチネーレ)

幼い頃から歌手になりたくて歌のレッスンに通い、デビューを目指し音楽の専門学校に入学。
そこでソニーのSDオーディションに合格。デビューを待っていた時期もありました。
ゴスペルグループ(VOW)やヴォーカルグループ(micro bosch)などでも活動していました。
そんな中ある人に出会い結婚し、私の本当の夢だった母になることができました。
私の一番大切なものは家庭であり子供です。
何の迷いもなく歌をやめ、愛しい我が子に愛情を注ぎました。

私は20代前半にパニック障害になり不安定な日々を過ごしていました。
いつもどこか不安で自信がなく、それでも子育てをする中で、こんなにも自分の事を必要としてくれる人(我が子)がいるんだと感じて
初めて自分の存在の大切さ、人の命の大切さを感じて、少しずつ自分に自信を持てる様になりました。

子育てをする中で愛しい気持ちや、命の大切さ、弱さ強さ、人は一人ではないと、そんな事を感じられた今、歌をもう一度歌い、こんな弱い自信がなかった私でも、何か伝えれる事があると思いもう一度歌う事を決めました。

「Coccinelle (コチネーレ)」はイタリア語で虫てんとう虫(天道虫)を意味する。
てんとう虫は太陽に向かっていく習性と、幸せのシンボルとして知られているが
Junco にとっては縁の深い存在。
結婚式の朝に、家のドアを開けるとてんとう虫が指にとまるというエピソードや、
何か不安だったり、何かの転機の度にてんとう虫が私の所に来てくれます。
幼い頃から人を勇気付けたり、笑顔にさせる性格から、音楽に触れてくれた人が暖かい気持ちに向かっていけるように、太陽に向かっていけるようにという想いが込められている。

「子育てをしているお母さんに
 今恋をしている女性に
 苦しくても一生懸命、生きているあなたに
 人は弱くてもいい。ウタは一つの太陽。この世界は愛で溢れてる」